Home / Business / PIM

PIM

代表挨拶

この度は私どものWebサイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
いつの時代にあっても、不動産は文字どおり「動かぬ資産」です。毎年発表される公示地価においても、その土地の効率性に応じて地価の上昇が示されるなど、不動産がゆるぎない価値を有することの裏付けと申せましょう。
不動産は長期的に安心して保有でき、節税効果も大きく、安定的な収益をもたらしてくれる資産です。将来の公的年金制度への不安に加え、各種増税を余儀なくされている昨今、ご自身の生活はご自身で守るしか術は無くなっているのではないでしょうか。そこで長期的に安定した収益を生み出せる資産を保有する意義も高まっております。

しかも、新しい不動産価格の尺度として「収益還元法」、すなわちその不動産が生み出す果実(=賃貸収入)から現在価値を導き出す手法が常識となってまいりましたので、不動産価格の透明性が格段に向上し、安心して購入いただけるようになりました。また、給与所得者にとって最も有力な節税方法が不動産投資であることは、すでに皆様ご高承のとおりです。
私どもはあえて「インベストメント(投資)」という言葉を社名として冠しておりますが、ここにはささやかな挑戦の気持ちが込められております。インベストメントと聞きますと、わが国ではどうしても「リスクが高い」ように思われがちですが、私どもの目指す世界はその対極にございます。
リーマンショック以降、日本の不動産市況も取引数が一時的に減少しました。 しかしこの数年は一般投資家の方々も含め、不動産の取引件数は増加の一途を辿っています。そして外資系大手投資銀行が日本の不動産に対し、積極的資金再投下をはじめるというニュースもありました。ただ、我々は単に売り買いしていただく不動産ではなく、保有し、活用し、着実に資産形成していく。そうした真の意味での不動産投資として、できる限りリスクを抑えたご提案をさせていただき、皆様方に不動産投資の有利さを実感していただきたいと切に願っているからでございます。

当社について

私たちPIM(Property Investment Managers)は投資向け及び実需用一般不動産売買のプロフェッショナル集団です。創業以来、東京都内の中でも人気の高い地区のみにターゲットを絞り、販売活動、コンサルティング、リーシング、開発の4事業を展開してまいりました。このような事業を行う上で、当社のコンセプトとしていることは、徹底してお客様の立場にたつというものです。きめ細かいコンサルティングによって、お客様お一人おひとりのニーズを的確に把握し、それに合致した商品をお勧めする。そしてご購入頂いた後には税務面や賃貸に関するサポートも行うなど、お客様との信頼関係に基づいた永いおつき合いをさせて頂けるよう、万全のアフターフォロー体制も整えております。

未曾有の大震災、長期に亘る不況感、政策の不安定、少子高齢化、来るべき消費税・相続税の負担増加等々、生命保険や年金などを念頭において約束されていた明るい将来設計が、ことごとく揺らぎはじめてしまった現在、不動産は「第4の金融」としてあらためて注目されてきています。住むため、貸すため、借りるためという不動産本来の使途を踏まえ、資産形成の一環としての直接金融としてとらえなおすとともに、不動産投資にともなうリスクを明確化し、お客様へのサポートを十分に行うことでのリスクコントロールをすることに加え、正しく理解し健全な活用方法をとることによっては、さまざまな可能性が広がりはじめた不動産投資を、私たちは不透明な将来に光を当て、充実したライフスタイルを謳歌したいとお考えのすべての方々へご提供致します。

http://www.property-im.com/

賃貸管理サポート

オーナー様の大切な資産を入居者募集から新規契約・入居者様対応・更新/解約お手続き
退去後室内修繕など、オーナー様の代わりとなって管理させていただきます。
当社では、オーナー様のご負担を軽減するようなプランをご用意しました。

入居者募集から新規規約・入居者様対応・更新/解約お手続き・退去後室内修繕などの賃貸管理を致します。 家賃送金は当月分家賃を当月10日に家賃総額より管理代行手数料/4,000円(月/税別)を差し引いた金額を送金させていただきます。
入居者様が遅延や滞納された場合でも100%の家賃を保証いたします。
また、室内の設備品の故障について修理費用を保証いたします。

pagetop

空室を素早く埋めるために当社では仲介営業専門としているグループ会社のアーバネスト株式会社へ入居者募集を委託しております。アーバネスト(株)では、多数のインターネット媒体やブログ、
他の仲介会社への直接情報発信を毎日行っており、最新情報が簡単に手に届くようにしております。
また、近年増える外国人入居者に対しては、専門の保証会社に加入していただくことでご入居いただいております。

  1. 入居者様より退出希望の連絡を当社にて受け付けます。
    必ず解約希望日の1ヶ月前までに書面にて受け付けることとなっております。
    その1ヶ月間で「空室予定物件」として募集開始の準備をします。
  2. 募集条件が決まり次第、仲介営業を専門としているアーバネスト株式会社へ情報を渡し、
    入居者募集を開始します。
  3. アーバネストでは、自社HPの他に多数の不動産情報サイトやスタッフブログ、他の仲介業者へ直接空室情報を毎日発信することでお部屋探しをしている方々のお手元に最新情報として届くようにしております。

pagetop

マンション経営において空室の次に抱える問題が「家賃の滞納」です。
最初は、毎月の「家賃支払い日に遅れてしまった」ものが「入金がない」に・・・・・。
そして入金のないまま2か月分、3か月分・・と続いてしまい、気が付けば簡単には支払えるような額ではなくなってしまった。それが、家賃滞納の恐いところです。
当社では、滞納金額が膨れ上がってしまう前にその月の家賃はその月のうちに回収!をモットーに行動。
電話・書面・訪問・顧問弁護士対応と督促に十分力を注いでおります。

※当社とマスターリース契約を結ばれている物件に限り保証いたします。

pagetop

賃貸管理をしていく上で、必ず起きてくるのが入居中のトラブルです。
トラブルでも、入居者間トラブルと設備故障トラブルの2つに大きく分けられます。

マンションの築年数が古くなればなる程、付随しております設備品は、劣化して故障や不具合が生じ、修理や交換を必要としてきます。
そうでなくとも日頃のメンテナンスや使用方法によって故障や不具合の原因となることがあります。
もちろん入居者様の使用方法が原因で修理が必要となった場合は、入居者様に修理をしてもらいますが、故障原因がそうではない場合はオーナー様に修理費用をご負担いただきます。

pagetop

入居者様へのお知らせや料金の手配など、何かと手間のかかる更新や解約の手続き。
当社独自のシステムにてスムーズに入居者様とオーナー様へのお知らせを進めております。
また、更新料や退室月の日割り家賃の入出金を期日までに余裕をもって行っておりますので、
オーナ様にはお手間を取らせません。

pagetop

オーナー様にとって家賃滞納空室の不安に次いで気にされるのが、室内のリフォーム(原状回復)です。
リフォームが終わらなければ、キレイなお部屋の状態で入居者募集はできませんし、必然的に空室期間が長くなってしまいます。
そこで当社では、「前入居者の退室後1週間以内にリフォーム完了!」(※)を目標に行っております。
また、お部屋の設備等の修理が必要な場合、その費用のご負担を下記のとおりとさせていただきます。
※入居者費用負担して原状回復が完了する場合のみです。

上記のとおり、時が経ち古くなってしまった事による修理や現状回復費用は、オーナー様のご負担とさせていただいております。

pagetop

空室期間が長く家賃収益ができない・・・
そんな不安を解消する管理契約プランもご用意しております。

マンション経営でのデメリットと言えば、入居者がつかず空室となることです。
家賃保証契約は、当社がオーナー様からのお部屋を借上げ、入居希望者に転貸するものです。
そのため空室中/入居中にかかわらず、当社査定賃料の85%を保証させていただきます。
なお、当社とのサブリース契約を交わしていただくため、賃貸借契約の内容開示はお断りしております。

About 不動産投資 編集部

Check Also

ライジングアジアさんのアジア不動産

ライジングアジアさんは、1年ほ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です